本から知識をつまみ食い

読書好きな大学生が本の中から使える知識をお届け

大学生が原付(原動機付自転車)を買うメリットとデメリット(実体験)

どうもペコケンです。

 

僕は今、原付で大学まで通学しています。

 

僕の周りにも、原付を持っている友達がたくさんいます。今日は、僕の実体験をもとに大学生が原付を買うメリットとデメリットについて紹介します。

 

また、原付を買うなら新車か中古車かについても軽くお話します。

 

 

<原付(原動機付自転車)とは>

実は原付にも3種類あります。

 

排気量が~50ccの1種

 

51~90ccの2種乙

 

91~125ccの2種甲です。

 

 

今回僕が紹介するのは、1種です。1種は原付免許や普通自動車免許があれば運転できますが、2種は普通自動二輪免許小型限定以上の自動二輪運転免許が必要になります。

 

 

<原付を買うメリット>

・移動が楽・速くなる

僕は原付を買うまで、自転車で20分くらいかけて大学まで行っていました。しかし、原付を買ってからはその半分の10分くらいで通学しています。

 

通学時間が短くなればその分眠れる朝勉強できますし余裕をもって大学まで行けます。

 

しかも夏場なんかは汗だくになって自転車をこぐ必要がなくなり、涼しい顔して教室まで行けます。(笑)

 

 

・維持費が安い

僕の場合、平日は大学までの約4kmの往復と土日はバイト先までの約1kmの往復をしていますが、多くても給油は月に3回で済みます。

 

しかも、1回の給油で大体400円前後です。なので、月のガソリン代はどんなに多くても1500円以内で済みます。

 

車だと、1回の給油で1500円を軽く超えるので、圧倒的にコスパはいいです。

 

ただし、保険には法律で加入しなければならないと決まっているので、保険料はある程度はかかりますが、これも車よりは安いです。

 

 

・(自転車よりは)物を運べる

意外と知らない人多いのですが、原付のシート(座るところ)の下には収納があります。その中にはある程度ならの物を入れて運ぶことは可能です。

 

僕が乗っているのはこの

www.honda.co.jp

Honda TODAY(トゥデイ)のシルバーなのですが、これのシート下の収納にはだいたいトイレットペーパーシングル12ロール分がぎりぎり入ります。

 

また、種類によってはハンドルと足を置く部分の間に収納スペースがあったりとそこまで大きくないものだったら案外運べます。

 

ただ、車には勝てませんけどね(笑)

 

 

・誰でも簡単に運転できる

自転車さえ乗れれば、簡単に運転できます。僕も運転は、買ったその日に慣れました。

 

 

<原付を買うデメリット>

ここからはデメリットを紹介していきます。

 

・圧倒的に事故しやすい

とにかく原付は危ないです。体を外からの衝撃から守るものはヘルメットくらいしかないですし、スピードが遅いので車に横から追い越されたりと危険しかないです。

 

しかも、安定性があまりないので砂利道や、舗装されてない道、雪道ではめちゃめちゃこけやすいです。(僕も1度雪道でこけたことがあります)

 

あと、信号での巻き込み事故が本当に多いです。

 

 

・2段階右折がめんどくさい

車の倍の時間、信号待ちをしなければならないのでとても面倒くさいです。しかもやり方が分かりにくいので初めて2段階右折するときは困惑する人も多いと思います。

 

 

・そこまで遠くに行けない

原付は、高速道路や自動車専用道路には入れません。なので遠くまで行こうと思うと、下道を通るしかありません。しかも、1度に給油できるガソリンの量も限られているので、遠出はできない(というかめんどくさい)と思ったほうがいいでしょう。

 

 

・冬死ぬほど寒い

メリットのところで、夏は涼しいと書きましたが、逆に冬はめっちゃ寒いです。風を通さない加工の服や手袋をしないと大変なことになります(笑)

 

 

 

<原付を買うなら新車か中古車か>

これ結構迷う人がいると思うのですが、大学生で原付を買うなら絶対中古でいいと思います。僕は新車で買ったのですが、原付本体やヘルメットなどの備品含めて15万くらいしました。

 

しかし、中古で買えばこの半額くらいには抑えられます。

 

正直言って、社会人になったら原付を手放す人の方が多いと思うのでわざわざ新車を買わなくてもよいと感じます。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。移動を楽にしたいけど、そこまでお金溜められない!って大学生は原付買うのは全然ありだと思います。

 

ペコケンのブログtwitter始めました。興味がある方はフォローしてください。↓