本から知識をつまみ食い

読書好きな大学生が本の中から使える知識をお届け

歯医者の痛みは音楽を聞けば減らせる!?

どうもペコケンです。

 

歯医者での治療は痛みを伴うものでとても苦痛ですよね。実はその痛みを音楽が軽減してくれるという記述を↓の本で見つけたので紹介します。

 

 

ドビュッシーはワインを美味にするか?――音楽の心理学

ドビュッシーはワインを美味にするか?――音楽の心理学

 

  

音楽にはさまざまな効果がある

音楽にはストレスを減らし、緊張を高め、気分を改善し、集中力を高める効果があり、それらすべての要素が痛みの感じ方を和らげる助けとなる。

 そもそも音楽には、いろんな効果があり、それらの要素が絡み合って痛みを和らげてくれるそう。

 

確かに音楽を聴くだけで、やる気が出たり集中力が上がったりしますね。

 

歯の治療と音楽の実験

音楽には、歯の治療時の痛みや頭痛と言った一時的な痛みの緩和に大きな効果があることが証明されてきた。

何と音楽が痛みを和らげる効果は、歯の治療時にも効果があるそう

 

しかもその効果を最大にする方法があるらしく、

とくに、曲と音量を患者が自分で選んだ時には効果が現れやすい。おもしろいことに、最も大きな効果を発揮するするのは、音楽に痛みを和らげる働きがあると患者に伝えられた時だという。

 

 

自分自身の好きな曲で、ちょうどいい音量、かつ治療前に「音楽によって痛みが和らぐよ!」ってことを知っていれば一番痛くないということなんだって。

 

これを読んでいる皆さんは、もう音楽の効果を知っているので、あとは歯医者さんに自分の好きな音楽を聞かせてもらうように頼めば歯が痛くなくなるかもしれないですね。

 

 

ただ、歯の治療中にイヤホンで音楽とかを聞いてもいいんですかね(笑)もしくは、歯医者さんのBGMを自分の好きな音楽に変えてもらうとか?

 

まあ、歯医者以外でも痛みを伴うことがあるときは、音楽を聞けばある程度痛みが、ましになるかもですね。

 

ではでは~