本から知識をつまみ食い

読書好きな大学生が本の中から使える知識をお届け

朝食抜きのプチ断食を1週間やってみたので感想とか効果など

 

どうもペコケンです。

 

前回の記事で

 

www.pekoken.com

 プチ断食について、紹介しました。で、その中の「8時間ダイエット」1週間実践しました。

 

簡単に言えば、一日のうち8時間なら何食べてもOKだけど、残りの16時間は食べたらだめといった割と断食初心者にも優しいもの。

 

ぼくの場合は、朝食を抜いて12時に1食目を取り、20時までなら何を食べてもOKと言う生活をしていました。

 

これを始めた理由として、僕の場合はダイエットというよりも健康的な体を手に入れるために行っております。僕凄いエネルギー効率悪いんですよね。あまり食べても肥らなくて・・・・

 

このプチ断食ではエネルギー効率が上がるとのことだったので、まあやってみるかなあと言うことで。

  

で、実際どうなのかっていうと、朝の時間に余裕が持てるようになりました。大学生の朝って基本的に全然時間がないんですよね。朝食を抜くことによって、当たり前のことですが朝食のためにかける時間がなくなります。そのおかげでかなり朝の時間に余裕を持てるようになりました。僕はこの時間を活用して、読書したり、勉強をしています。

 

また、休みの日はだらだらYoutubeを見ながら朝食をとっていたのでその分時間を無駄にしていたのですが、それもなくなりました。

 

さらに、もう1個いいことがあって、午前中の集中力が上がりました。これは意外な効果でしたね。お腹すくから、ぼーっとしそうなものですがその逆でした。

 

ただ、めちゃめちゃお腹がすきます(笑)パレオさん曰く、この8時間ダイエットがきついのは最初の1週間だけらしいので、ここから楽になると信じたいものです。(授業中にお腹が鳴りそう)

 

正直言って、体調面や体重の変化はまだ感じられないのですが、最初の1週間でとりあえず午前の集中力上昇は感じ取れたので、もう少し続けてみようかなと言ったところです。

 

パレオさんの本

 

一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

 

 

パレオさんのブログ