本から知識をつまみ食い

読書好きな大学生が本の中から使える知識をお届け

ブログを始めて5か月たった件

f:id:pekoken:20180316154955j:plain

2017年、10月15日から解説した当ブログも昨日で5か月目を迎えました。

 

当時、八木仁平さんのブログを見て、「バイト以外で稼げるなんて最高かよ」と思ったのが当ブログを開設したきっかけ。

 

毎日投稿したり、1か月ほど間が空いたりと色々やってみましたが、5か月たって感じたことを書いていきたいなと思います。(みんな大好きPV、収支報告もあります)

 

 

PV数、収益

PV数は現在、月600前後です。収益は160円ほど(記事数46)最初の1か月がPV100前後だったのでまだましになったかなあと。

 

これが現実です。twitterとか見ていると、3か月で1万PVいったとか、5か月で10万PVなんてのを目にしたりしますが、そんな甘い世界じゃないです。

 

ただ自分の好きなように文章を書いているだけでは、人には見てもらえません。ただ文章を書くだけで、PV数が多い人はただの天才です。

 

っていうのも、僕自身人のブログを見るのが好きで暇さえあればブログを見ています。

 

そんなことずっとしていると、「あ、このブログはPV多いな」とか「このブログはいつまでたってもPV伸びないだろうな」がなんとなく分かるようになるんですよね。(上からですみません)

 

やっぱり、この業界ではある程度のセンスが必要と感じざるを得ないなと。文字から伝わってくるオーラというか、文章のリズムから伝わる人柄というか、何と表現したらいいか分かんないんですけど、やっぱりあるんですよ。

 

まあ、僕にはブログを書くセンスがない訳です。

 

でも、そのセンスがないからってブログを辞めるのは違うと感じます。僕みたいなブログセンス「凡人」はひたすらに色んな人の文章を見て、まねて書いて書いて書きまくる以外に道はないかなあと。

 

よく有名ブロガーさんが「月〇万PV数を稼ぐために必要なこと」みたいなブログを書いてますけど、正直真似しただけではPV数は稼げないと持っています。

 

こういうので学べるのは、「PVを稼ぐ方法」ではなくて、「人に読んでもらえる文を書く方法」なんですよね。

 

その人の文が「面白い」とか「また見たい」とか「ブクマしたい」と感じるのはまた別のところにあるんじゃないかなと感じるわけですよ。それが「センス」なんじゃないかと。

 

それがどういったものなのか一回分かってしまえば、自然と人に見られる回数は増えると思ってます。まあ、今はとにかくいろんな記事を書いていくしかないですね。

 

 

ブログ楽しい

ただ文章を書くこと自体は、すごく楽しめてます。これが一番じゃないかなあと。

 

友達には「よくそんなに書くことあるね」と言われますが、やっぱり楽しいことって続けられる。

 

自分の今の気持ちをぴったり表す言葉を見つけた時とか、分かりやすい文章を書けた時なんかはすっごく気持ちいいです。

 

ただ最近疑問に思うのが、「大学生はブログを書くべき」とか「お金稼ぎたいならブログやれ」みたいな感じのブログ。

 

あれどういうつもりなんですかね?

 

僕自身ブログを誰かにお勧めする気には全くなりませんし、正直言ってバイトしたほうが確実に稼げるし、ブログ書かなくても損しないです。

 

自分の選択を正しく思いたいブロガーのエゴと言ったところでしょうか。

 

気持ち悪いですよね。

 

 

知識が増える増える

このインターネットという公共の海に文章を公開する以上、嘘偽りない情報を書く必要があります。また、人と違う文章を書くには、他人を知る必要があります。

 

そのためにはたくさんの情報に触れて置く必要があるわけですね。なんで、ブログを書こうとすればするほど、知識が増えます。

 

ブログ始める前より、物事に対する考え方もかなり変わったと感じますね。それがいいかか悪いか分かりませんけど。

 

 

最後に

よくもまあ、5か月もこんなことやってるなと自分でも思います。

 

ましてや何年もブログ書いてる人はもっとすごいと感じます。

 

お金をもらえるというブログのシステム上、PV数やアドセンスの収益とかはどうしても気になってしまうのですが、とにかくとの敷くブログを続けていければいいなと思っています。