本から知識をつまみ食い

読書好きな大学生が本の中から使える知識をお届け

<読書感想>かがみの孤城

 

あらすじ

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。 生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

 

かがみの孤城 辻村深月 | ポプラ社より引用

 

あらすじや、本の表紙を見るとファンタジーや冒険小説を想像する人が多いと思うが、それとはまた違う。

 

設定もありがちなものに感じるが、想像の斜め上の展開が待ち受けている。

 

本屋大賞2018年ノミネート作品なだけあって、ここ最近で一番面白い小説だった。

 

 

主人公は中学1年生の「こころ」。

 

中学1年生と言えば思春期。子供と大人の挟間で揺れ動く「こころ」の気持ちが絶妙な文章で綴られていく。

 

学校にいけない、勉強についていけない、母親に申し訳ない。そんな「何者にもなれない」こころに唯一存在を与えてくれるのが鏡の中にある孤城。

 

こころは、そこで出会う、同じ境遇の持ち主たちと、交流を深めていく。

 

その中で起きる、衝突、葛藤、友情、そのどれもが「こころ」にとってかけがえのないも記憶、「こころ」を成長させるものとなる。

 

非常に丁寧に作られた作品で、ラストがとても印象的。

 

この手の作品は、最後にモヤモヤが残ったりすることが多いが、そんなことはまったくない。

 

気持ちいいほどにすべての伏線を回収していく。

 

少し長いが、是非とも最後まで読み切ってほしい一作である。