本から知識をつまみ食い

読書好きな大学生が本の中から使える知識をお届け

YouTuberの案件のギャラについて

先日、モノ申す系YouTuberでおなじみのシバターさんがこんな動画を上げていました。

 

www.youtube.com

 

内容としては、YouTuberの企業案件(PR動画)1回のギャラを公開するというものです。

 

シバターさんの事なので本当にこの値段かは、正直怪しいところですが、まあそこはシバターを信用して書いていきたいと思う。

 

この動画で注目すべき点は、チャンネル登録者数と、平均再生回数、ギャラの関係性。

 

動画内では「アディ男」という登録者数14万人、平均再生回数7万のYouTuberのギャラが150万円と出ています。

 

ここでシバターさんが、「俺は登録者数78万くらい、平均再生回数20万か30万くらいで同じギャラだぞ」と言っています。

 

さらにこの後、「ラファエル」と言う登録者数160万、平均再生回数約30万のYouTuberのギャラが、320万円だと公開されます。

 

要するに、チャンネル登録者数と再生回数は企業案件のギャラとは関係ないということです。

 

 

では、何が企業案件のギャラを決めてるのでしょうか?。シバターさんの動画ではあまり触れられていなかったので僕なりに考えてみました。

 

1、知名度

芸能人でも、大物女優のCMのギャラが大きく違うなんてことはざらにあるので、YouTuberでも同じことが言えます。

 

動画の後半で、「レペゼン地球」のギャラが、VALU事件を起こした「ヒカル」に並んだのではと言われています。

 

「レペゼン地球」(特に社長)はYouTube以外にも、Twitterで人気を集めておりツイートすれば殆どバズると言った状況です。

 

そのため、若者の知名度だけで言えば、「ヒカル」とかなり近い言えます。

 

 

事務所によるギャラの引き上げ

最大のYouTuber事務所UUUMを初め、現在では様々な事務所があり、ある程度のチャンネル登録者数を持つチャンネルならば、ほぼ全員が事務所に所属すると言った状況にあります。

 

おそらくこの事務所によっても、ギャラに差が出ていると思われます。

 

動画内で、ラファエルさんが「VAZU(所属事務所)に確認しないと・・・」と言っていたので、事務所がギャラの大きな決定権を持っていることは間違いないでしょう。

 

どこが安くて、どこが高い・・までは分かりませんが、事務所の大きさや収益によっても差が出そうですね。

 

 

最後に

結局どの業種でも大事なのは、知られている数と言うことでしょうね。あと信用とか。チャンネル登録者数や再生回数はあくまで一つの目安にしか過ぎないようです。