本から知識をつまみ食い

最近は雑記になりつつある

ios12 スクリーンタイムをアプリ事にする方法

ics12からiphoneに追加された新機能「スクリーンタイム」  

 

アプリに時間制限をかけられるという事で、スマホ中毒の方にぴったりの機能です。

 

しかし、デフォルトではこの機能、カテゴリー毎にしか制限をかけられません。

f:id:pekoken:20180920231908j:image

 

twitterは長時間見たくないけど、LINEは見れないと困る!みたいな時に非常に困りますよね。

 

という事で、今回は「スクリーンタイム」をアプリ毎に設定する方法を紹介します。

 

 

 

スクリーンタイム内でiphoneをタップ

f:id:pekoken:20180920232347j:image

 

「よく使われたもの」の中から、制限したいアプリをタップ

f:id:pekoken:20180920232551j:image

1番下の「制限を追加」をタップ

f:id:pekoken:20180920232832j:image

時間を設定する

f:id:pekoken:20180920232921j:image

 

これでTwitterアプリの時間制限ができます。

f:id:pekoken:20180920233719j:image

 

任意のアプリを2つ以上制限する

f:id:pekoken:20180920233856j:image

さらに、twitterの部分をタップし、「Appを編集をタップすると

 

f:id:pekoken:20180920234045j:image

 

任意のアプリを追加で制限することが出来ます。

 

f:id:pekoken:20180920234413j:image

ただし、この設定だと2つのアプリの合計時間で制限されるので注意が必要です。

 

 

1つ1つのアプリに時間制限をかけたい場合は、最初のから作業する必要があります。