Surfaceペンは買うべき?2か月使ってみて

f:id:pekoken:20190119212607p:plain

Surfaceと特徴と言えば、タッチ操作。

 

そのタッチ操作を最大限に生かすことができるのが、Surfaceペンです。

 

しかし、Surfaceペンって高いのですよ。

 

 

定価約12000円。Amazonでも約1万円。僕自身も買うべきかどうかかなり迷いました。

 

今回は、そんな方のためにSurfaceペンのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

Surfaceペンとは

 Surface専用のタッチペンです。

 

マイクロソフト社が公式で販売しているペンになります。

 

細かいスペックは下記の通りです。

サイズ 20.1×5.2×2.5cm
電池 単6電池
重量 約20g

  対応機種はSurface Studio、Surface Laptop、Surface Book、Suraface Pro6、Surface Pro/Pro 4/Pro 3、Surface 3となっています。

 

ですが、その機能をフルに使用できるのはSuraface Pro6とSurface Proのみとなっています。僕は、Suraface Pro6で使用しています。

 

 

ただ、ここでいきなり欠点が・・・単6電池というマイナーな電池を使っています。

電池を取り出すとこんなこんな感じ。

 

電池がどれくらい持つのかはわかりませんが、Surfaceペンのためだけに電池を買うのは面倒ですね。

 

程よい握り心地

握り心地は抜群!!とまではいきませんが、程よい重量感と金属のザラザラ感があります。

 

ちょっと重い万年筆を持ってるぐらいの感覚です。長時間使ってみましたが、手が痛くなることもなかったです。

 

 

また、完全な円柱ではなく平面の部分があるのもポイントです。

最近では「Appleペンシル」もこの形状になっているので、スタンダードな形になりつつあります。

 

 

遅延ほぼ0で書き心地も抜群

公式のデータで遅延が0.0021秒なので、遅延はほぼ感じません。

 

また、ペン先が柔らかく、程よい引っ掛かりがあるのでかなり書きやすいです。

 

最近ではペーパーライクの書き心地にできる液晶シートや、ペン先の硬さを変えられるアクセサリーもあります。

 買った後に、書き心地ちがいまいちだなあというかたににはおすすめです。

 

 

また、筆圧検知が4096段階、傾きにも対応しているので、線の太さは自由自在。

これらは全て同じ設定で書いています。筆圧、傾きを変えるだけでここまで線の太さを変えられます。

 

絵を描く人にとってはかなりうれしいポイントですね。

 

Surfaceの横にくっつく!!

かなりの磁力で、Surface本体の左側にくっつきます。

 

その磁力はSurfaceペンを外そうとして、Surface本体を引きずってしまうほど。

 

これなら、Surfaceペンをどこかに落としてしまった・・・・なんてこともないでしょう。

 

右側にも一応くっつく。(磁力はかなり弱め)

 

ペン後ろの消しゴム&クリックが地味に便利

Surfaceペンの後ろ側で、液晶をなぞると消しゴムとして使用できます。これが地味に便利です。

 

他のペンだと、毎回メニュー欄から消しゴムを選択するという工程が入ってしまいます。

 

また、設定からクリックのショートカットを割り当てることができます

ここに、Onenoteを設定しておけば、ノートを取りたいときにすぐに起動ができます。

 

Surfaceペンはこんな人におすすめ

 授業ノートをSufaceでとりたい人

授業ごとに別のノートを持ち歩くのは面倒という方は、このSurfaceペンと、Ofiiceのアプリケーションである「OneNote」を使えば、Suface一台で済みます。

 

 

 OneNoteはセクション、ページごとに管理ができ、後から書き直すのも簡単です。

 

また、ペンの太さや色も変更可能。

グラフもかけます。

 

Sufaceで絵を描きたい人

上でも書きましたが、4096段階の筆圧検知と傾きの検知があるので、絵を描く人には色々と便利かなと。

なぜかフォルトで入っている絵。さみしいから猫を書き足してみる。

 

 

終わりに~抜群の使い心地~

正直、タブレット用のペンなので用途が「文字を書く・絵を描く」の2つに絞られます。

 

なので、「使い方決まってないけど、何となくSurfaceペン買ってみようかな」なんて人には向いていません。

 

しかし、性能や機能面はほぼ完璧と言っていいでしょう。さすが公式アクセサリーといったところです。

 

 

こちらもどうぞ

 

www.pekoken.com